鎌倉を
バリアフリーから
よりよくする。

12世紀の幕府設立より日本の中世を彩ってきた鎌倉。海と山に囲まれた自然の要塞とも呼べる鎌倉は、多くの寺社仏閣や豊かな自然にめぐまれ、文化の発信地であり続けてきました。一方でバリアフリーやユニバーサルデザインの視点で見ると、良さを守りながら、街の持続的発展のために多くの課題が見えてきます。鎌倉バリアフリー研究会は、そうした様々な諸課題について考えてまいります。

鎌倉バリアフリー研究会が
目指していること

研究会が考える3つのバリアフリー

鎌倉バリアフリー研究会は、調査研究やシンポジウムなどでの情報交流を通じ、3つの視点からバリアフリーを検討するとより良いまちづくりに有効であると気付きました。研究会では、鎌倉を取り巻く様々なバリアについて、この3つの視点を大切にしています。

段差の解消

段差というのは、単に道路の段差のことだけではありません。店舗と道路との段差や部屋と部屋との段差などを含みます。研究会では、バリアフリーマップの作製に関して、こうした段差について調査しつつ、ハード面ソフト面での解消を探っています。

分かりやすい案内表示

日本有数の観光地でもある鎌倉において、一つの課題になっているのが、どう行けば良いか分かりにくいということ。研究会では、案内標識の調査などを行いつつ、改善提案を行ってきました。

多目的トイレの十分な設置

観光地で問題になるのがトイレの問題。鎌倉でもそれに洩れず、トイレの数や種類とも課題となっています。研究会では、だれでも使用できる多目的トイレの充実をテーマに掲げ、鎌倉の好事例を発信していきます。

最新情報

鎌倉バリアフリー研究会の最新情報を逐次掲載します。

昨年12月より開催いたしました第16回鎌倉バリアフリーシンポジウムは、一部延長開催を含め、全 […]
鎌倉バリアフリー研究会のホームページをご覧いただきありがとうございます。 昨年12月より開催 […]
第16回鎌倉バリアフリーシンポジウムは、昨年(令和2年)12月26日よりホームページによるオ […]