鎌倉バリアフリーシンポジウムは全てのプログラムを終了していますが、
本ページはしばらく表示いたします。


鎌倉バリアフリー研究会では、神奈川大学工学部社会行動科学研究室と連携し、鎌倉バリアフリーマップの作成の他、鎌倉のバリアフリーについて調査研究を重ねてまいりました。昨年度に引き続き、同研究室の学生会員によるポスターによる発表をホームページ上で行います。

皆様へのお願い

 学生会員の具体的な発表内容は、各発表画像をタップまたはクリックするとPDFで閲覧できます。
 ※今回は、鎌倉以外の地域のバリアフリーの研究成果も発表しています。

1.災害時におけるバリアフリーを考慮した避難経路作成(小菅 奏人)

2.学生食堂におけるサインデザインの研究(小町 国生)

3.災害ボランティアセンター運営マニュアル作成についての研究(平野 優生)

4.車中泊避難所マニュアルの作成(田村 颯将)

鎌倉行き来バリアフリー
段差30枚の写真展
学生会員による
発表